ギター上達にふさわしい教材とは

あなたのそばにギターを教えてくれる
先生がいますか?



近くにギターの上手なお友達や
お知り合いの方が居られる方は
恵まれています。



すでに、プロ並みの先生から
ギターを教わっているよ、って方には
何のメリットもありませんので、
読まれない方が時間の節約になります。



ギターを教わる人が近くに居なくて
困っている人にお役に立てる話です。



ギターを上手になりたい人は
色んな教材で勉強していること
だろうと想像できますが、



まず、本屋さんで「ギターの弾き方」
的な本を何冊か買うでしょう。



楽譜の解説書みたいな本も
楽譜を読めなきゃ話にならないし、
意味を理解しないといけませんから
当然手元に置いています。



そして、カルチャースクールのように
気軽に参加できそうな
ある意味先生に教わる環境に
参加しているかも知れません。



さて、後は自分の憧れのギタリストや
ミュージシャンのDVDとが
YouTube動画でギターレッスンを
探して独学で学んだりしている。



だいたいこんなパターンが多いと
想像できるのですが、どうでしょうか?



一番いいのはやっぱり
ギター教室に通ってちゃんとした
ギターの先生に教わることでしょうね。



でも、どうして教室に通っている人が
少ないのでしょうか?



それは多分、そんなに本気じゃないから...、
別にプロのミュージシャンとか
音楽家とかアーティストとか
目指している訳ではないからだと思います。



あくまでも、遊びの延長という
趣味の域に留めておきたい気持ちが
あるからでしょう。



音楽が好きでギターの音色が好きで
心が癒されるので
自分でも弾けるようになりたい。



1曲でも通して弾けたら
ストレス解消にもなるし
何と言っても楽しいですよね。



でも、ギター教室に通うと
金銭面、時間面、訓練の苦痛などに
耐えるほどの自信も無いし、



楽しくなくなるような気がして
逆にプレッシャーになり
ギターを嫌いになったらどうしよう。
そんな不安は確かにあると思うのです。



でも、動画サイトで独学で勉強するのも
問題は残ります。



まず、断片的である。
次に、教える側本位の自由である、
教える教えないは動画をアップしている人の
自由であり、知らないことは飛ばしていい。



間違った教え方でも責任は問われない。という
自由さがあり、それを見て学ぶ人の自己責任
ということになっています。



善意で動画を公開してくれているので
責める訳にはいきませんし、断片的で良ければ
得るモノも多く有りますから、参考にしている人は
多くいると思います。



最後に、書店の本の教材ではどうか?
なんですけど、これは必要であり
これだけでは足りない。ということです。



自動車の免許証に例えれば、
あくまでも筆記試験合格といった
ところまでです。



実際に自動車を運転してみる
実地試験・実技試験とうい意味の
合格には至りません。



あくまでも本から得られるのは
ギター演奏に関する知識であって、
弾けるか弾けないかはその知識を
活かせるか活かせないかの話です。



だから、無くては弾けないし、
有っても弾けないのですね。



「じゃーどうすんの?」
って話なんですけど、



実はすでに良い教材が存在しているのです。



1、ギター教室並みの教え方で
  時間や費用や苦痛が伴わない。
2、カルチャースクールよりワンツーマンで何度でも。
3、YouTube動画より具体的に
  責任を持って教えてくれる、
  初心者から一貫してレベルアップするまで責任を持つ。
4、本の知識より実地も学びやすい教材。



そんなギター教室並みの教材が
あれば欲しいと思いませんか?



このブログを読まれている方はご安心ください。
確実に手の届くところまで来ています。



リンクをたどって最終的には
答えが見つかるようになってますから、
次のブログもしっかりお読みくださいね。



次はコレ⇒「ギター初心者のための最速上達法



では、ここまでお読みくださって
ありがとうございます。